--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06.26 21:55
加藤まさをの乙女デザイン展
6月17日までJR京都伊勢丹にある美術館「えき」KYOTOで開催されていた「加藤まさをの乙女デザイン展」見てきました。

レトロ趣味が人気のためか最近は、明治~昭和初期の抒情画や少女絵が注目されることが多くなって大好きな私はもう本当に嬉しい限りですが、どうしても明治、大正、昭和それぞれの代表格ともいうべき夢二、華宵、淳一の3人がメインになりがちでした。
この展覧会では加藤まさを(1897~1977)にスポットを当てているのが新しい。
まさをの絵はがき、挿絵、楽譜、詩画集などを中心に、同時代の作家たちのものも楽しめる充実した展覧会でした。

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル:学問・文化・芸術

2011.08.14 23:54
髪を切ってベルリンを駆ける!―ワイマール共和国のモダンガール (Ferris Books (17))髪を切ってベルリンを駆ける!――ワイマール共和国のモダンガール (Ferris Books (17))
(2010/09/10)
田丸 理砂

商品詳細を見る

 第一次大戦後のワイマール共和国時代(1919~1933)のベルリンに登場し街を闊歩した「モダンガール」たちの姿を、当時の女性作家たちは文学作品でどう描いたのか。
 20年代世界中の都市に出現したモダンガールの姿を、当時最先端をいっていた都市ベルリンに絞って追っていくと同時に、日本では殆ど知られていない当時のドイツの女性作家たちの作品を知る貴重な一冊でもありました。

続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー
ジャンル:本・雑誌

2011.05.24 23:28
薔薇は生きてる薔薇は生きてる
(2008/02)
山川 彌千枝

商品詳細を見る

 1933(昭和8)年に僅か16才で結核のためにこの世を去った山川彌千枝(1917~1933)の遺稿集。
 収められている散文、短歌、日記、友人宛の書簡には、少女らしいみずみずしい感性と、死を前に達観したかのような眼差しが同居している。刊行された当初(1935年)、少女たちの熱心な支持を得、また現在に至るまで多くの人に読み継がれている名作です。
 解説に、穂村弘、川上未映子、千野帽子。

続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー
ジャンル:本・雑誌

2011.05.22 15:14
欲しがりません勝つまでは (ポプラ文庫)欲しがりません勝つまでは (ポプラ文庫)
(2009/06/10)
田辺 聖子

商品詳細を見る

 田辺聖子の戦争中に送った子供時代・少女時代の回想録。
 文学少女だったその読書歴や当時すでに書いていた小説の習作(必見!)も収めつつ、当時の様子を子どもの視点から描いている。

続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー
ジャンル:本・雑誌

2011.02.25 23:21
新訳絵入現代文 伊勢物語新訳絵入現代文 伊勢物語
(2011/02)
吉井勇 竹久夢二

商品詳細を見る


 大正6年に阿蘭陀書房より刊行された、大正・昭和初期の耽美派詩人・吉井勇(1886~1960)訳による「伊勢物語」が復活。挿絵はなんと竹久夢二。
 王朝文学と大正ロマンの融合したような世界の味わえる、とっても贅沢な一冊です。

続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー
ジャンル:本・雑誌

2011.02.05 20:27


   紫苑の園/香澄
   (2000/04)
   松田 瓊子


 夭折の少女小説作家・松田 瓊子(1916~1940、作家・野村胡堂の娘)の代表作。
 寄宿舎・紫苑の園で暮らすことになった少女・香澄を主人公に、そこでの少女たちの友情や喜び、哀しみが描かれる。
 大正~昭和初期の少女小説で有名な作品といえば、少女同士の強い結びつき「エス」を描いた吉屋信子の一連の作品や川端康成の
「乙女の港」がありますが、 この作品はそれらとは違った、どこか清々しい作風です。

続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー
ジャンル:本・雑誌

2010.12.12 20:31
リドカイン★ドロップ~少女主義的水彩画集II (TH ART Series)リドカイン★ドロップ~少女主義的水彩画集II (TH ART Series)
(2010/12/10)
たま

商品詳細を見る

 少女主義水彩画家たまの三冊目の画集。
 今回は、少女絵に加えて初の書き下ろし絵物語「巻き毛のセシリ」も収録されています。

続きを読む >>

テーマ:新刊・予約
ジャンル:本・雑誌

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
About me

夜長姫

Author:夜長姫
お立ち寄りいただきありがとうございます。
本や映画や音楽の感想を新旧問わずマイペースに書いています。
ジャンルは何でもござれですが、微妙な偏りがあるみたいでそれに流されがち。好みの合う方がいらっしゃれば大歓迎です。
本、というか文芸は物語のしっかりしたものよりは、迷宮に迷わせてくれるような作品が好み。映画は劇場鑑賞派です。
拍手、コメントなど頂ければとても嬉しいです。
※たいして頭の良くない人間が無い知恵絞って書いております。無断転用等はご容赦くださいね。

Category

CategoricTag

Comment

Recent entries

Search

Link

RSS

Archive

Mail Form

質問等ございましたらこちらからどうぞ

名前
メール
件名
本文

Counter

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。