--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.19 23:47
おとぎ話の幻想挿絵おとぎ話の幻想挿絵
(2011/09/21)
海野 弘

商品詳細を見る

 長いこと放置してしまいました。。秋口からどーにも調子が悪いのと年末の忙しさでなかなか更新できずに来てしまいました。仕事でPCたたいている時間が多いためなのか最近肩こりが酷くて、ちょっと家でのPC時間を減らしていたりもしましたので(汗・本の読み過ぎで目の疲れから来てるんじゃないかと指摘されてちょっと焦りました。。読書の愉しみは減らしたくないですからねー…)。
 読んだ本とか観てきた展覧会のこととか、書きたいことが溜まっていますので徐々にUPしていこうと思います。
 …とはいえ年明けまではちょっとこんなペースのままかも。。

 言い訳はこのくらいにしておいて、昨日読んだ「おとぎ話の幻想挿絵」の感想です。
 19世紀末から20世紀初頭のいわゆる<挿し絵の黄金期>を彩った挿絵家たちの作品を集めたもの。読んだと言うよりは鑑賞したという方がしっくりくるような一冊です。
 お馴染みのラッカムやデュラックに混じって、アラステアの作品が紹介されているのが白眉かな。

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー
ジャンル:本・雑誌

2011.08.11 23:52
バービーと私―着せ替えドレスを作り続けた半生記バービーと私―着せ替えドレスを作り続けた半生記
(2011/04)
宮塚 文子

商品詳細を見る

 アメリカのファッションドール、バービーが、実は日本で誕生していたことをご存知だろうか?
 本書はその誕生からバービーに関わり続けた宮塚文子の半生記。
 誕生秘話やカラーページに収められたファースト・バービーのドレスコレクション、バービーを通して見る開発当時の日本のメーカーや工場事情などなど、ファンはもちろんそうではない人にも興味深い内容になっています。

続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー
ジャンル:本・雑誌

2011.08.09 23:57
マリー・アントワネットの宮廷画家―ルイーズ・ヴィジェ・ルブランの生涯マリー・アントワネットの宮廷画家―ルイーズ・ヴィジェ・ルブランの生涯
(2011/02/04)
石井 美樹子

商品詳細を見る

 王妃マリー・アントワネットの肖像画家として知られるルイーズ・ヴィジェ・ルブラン((Marie Élisabeth-Louise Vigée Le Brun:1755~1842)の本邦初の評伝。
 王妃はじめ多くの貴族たちを描いた革命前夜からフランス革命を生き抜き、その後はヨーロッパ各地を放浪したその遍歴は、まるであの激動の時代を体現しているようです。

続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー
ジャンル:本・雑誌

2011.06.08 22:17
An Edmund Dulac Treasury: 116 Color IllustrationsAn Edmund Dulac Treasury: 116 Color Illustrations
(2011/06/16)
Edmund Dulac

商品詳細を見る

 amazonで注文してから2ヶ月半、やっと届きました、デュラックの新しい画集。前の「Dulac's Fairy Tale Illustrations in Full Color」(64頁)よりも頁数が多く(128頁)、最初期の「ジェーン・エア」(!)や晩年の作品とか、今まであまり紹介されなかったものや「アラビアンナイト」や「ルバイヤート」からの収録が嬉しかったです。

続きを読む >>

テーマ:洋書
ジャンル:本・雑誌

2011.01.26 11:26
京の野仏 (SUIKO BOOKS 159)京の野仏 (SUIKO BOOKS 159)
(2010/12)
水野 克比古

商品詳細を見る

 唐突ですが、野仏が好きです。いや、好きなんて可愛い言葉ではとても足りないくらい、仏さん、お地蔵さんはもちろん古そうな石塔、祠などなど、いわれのありそうなものならそれこそ石ひとつにでも興奮してしまうような、そんなものには関心のない人にはただのアヤシイ人間でしかない偏愛者です。身内にドン引きされるくらいなんですから、そりゃ酷いんでしょう。
 理由? ありません、そんなもの。ただそれがある風景に心ひかれるのです。

 で、そんな変質者、違った、偏愛者が狂喜するようなものが出ました。
 ありそうでなかった、石仏大国・京都の写真集。
 洛東・洛南・洛西・洛中・洛北のエリアごとに分けて、それぞれの所在地やアクセス方法、それぞれの仏さんの簡単な由来なども掲載されていて、結構充実した内容。
 生活しているエリアの情報なので、狂喜どころか踊りだしそう(誰か止めてくれ)。

続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー
ジャンル:本・雑誌

2011.01.07 23:53
池田学画集1池田学画集1
(2010/12/13)
池田学

商品詳細を見る

 ディティールにこだわりぬいた超細密画を描く画家・
池田学の初画集。
 っていうか、いつの間に出ていたんだ。

 細かい作風で知られる現代画家といえば
山口晃(大好きです)がいるが、いくつものディティールが複雑に絡み合いながらやがて全体像を結んでゆくその作風は、彼のものとはまた違う、ペン画ならではの迷宮が拡がっている感じ。よりメルヘンぽいというか独自の不思議な世界を作り出しています。
 彼の絵はものすごーく細かいので、一日8時間かけても10センチ四方しか描けないのだとか。だから当然一作品に年単位の時間がかかるわけで、それで冒頭のいつの間に出ていたんだという驚きになったわけです。

 ひとつのまとまった作品集になるなんて~! 嬉しいのでじっくりゆっくり、この不思議な迷宮を彷徨ってみます。

テーマ:新刊・予約
ジャンル:本・雑誌

2010.12.20 20:31
遊廓 (明治フラッシュバック)遊廓 (明治フラッシュバック)
(1998/01)
森田 一朗

商品詳細を見る

 明治から昭和初期の、遊郭とそこに暮らしていた人たちの写真記録。
 長年探していた本が、やっと手に入りました!

続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー
ジャンル:本・雑誌

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
About me

夜長姫

Author:夜長姫
お立ち寄りいただきありがとうございます。
本や映画や音楽の感想を新旧問わずマイペースに書いています。
ジャンルは何でもござれですが、微妙な偏りがあるみたいでそれに流されがち。好みの合う方がいらっしゃれば大歓迎です。
本、というか文芸は物語のしっかりしたものよりは、迷宮に迷わせてくれるような作品が好み。映画は劇場鑑賞派です。
拍手、コメントなど頂ければとても嬉しいです。
※たいして頭の良くない人間が無い知恵絞って書いております。無断転用等はご容赦くださいね。

Category

CategoricTag

Comment

Recent entries

Search

Link

RSS

Archive

Mail Form

質問等ございましたらこちらからどうぞ

名前
メール
件名
本文

Counter

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。