--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.10 16:55
 昨日紹介した「『絵のある』岩波文庫」に触発されて、個人的にお気入りの、挿し絵や図版の素敵な岩波文庫を集めてみました(笑)。
 本で大きく取り上げられているものはなるべく外して、それ以外のものを選んでみました。
 題して夜長姫の「絵のある」岩波文庫セレクション☆
 例によって、ヘンな偏りがあるでしょうが(笑)、興味のある方はどうぞ☆

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー
ジャンル:本・雑誌

2011.01.23 22:26
 リドリー・スコット監督の「ロビン・フッド」を観に行ったときのこと。後ろの席に座っていた女の子たちが、「ロビン・フッドとウィリアム・テルの区別がつかない」と言っていたのを聞いて、それ、分かるー! と共感してしまいました。こんなこと書いたら私はバカですと宣言するようなものですが、実は結構最近まで両者をごっちゃにしていた私。
 で、この映画公開をきっかけに、もう一度ちゃんと確認しておこうと調べ直しました(苦笑)。
 それらの本をリストアップ。
 けれども、肝心要のお話がほとんど読めない状態なことに気が付いて残念な限り。この映画化で少しは復刊や新訳が期待できるかと思っていたんですが、見事に空振りに終わりましたね(笑)。
 中世バラッドの傑作たる「ロビン・フッドの武勲」を日本語で読める日がいつか来ることを祈ります(切実)。

続きを読む >>

テーマ:紹介したい本
ジャンル:本・雑誌

2011.01.10 23:34
 ここのところお気に入りの絵描きさんたちの作品集が立て続けに刊行されて、懐はイタイんですが、嬉しい限り。それらをちょっとリストアップしてみました(ただし国内only。中には古いものもあります)。
 ジャンルを問わずかなりごちゃごちゃしていますが、気にしないで下さい(笑)。っていうか、「イラスト集」がほとんどになってしましました。あれ?
 そして、私個人の好みに基づくものなので、ヘンな偏りもあるとおもいますが、やっぱり気にしないで下さい(笑)。

続きを読む >>

テーマ:新刊・予約
ジャンル:本・雑誌

2010.12.26 23:44
 映画「バーレスク」の余韻の残るままクリスマスも終わり…(笑)。
 バーレスクに関連した書籍、それっぽい映画や音楽を集めてみました。映画の中でアギレラ扮するアリが眺めていたものもありますよ。
 品切れや近日発売のものも含みますが、興味のある方はどうぞ♪
 それにしても、日本語で書かれたものが見当たらない。。マニアックなエリアだから仕方が無いのでしょうけれど。「バーレスク」のヒットにノって、Liz Goldwynの「Pretty Things」あたりが翻訳されたら嬉しいんですけれども。抱かないほうがいい希望ですかね~。

 因みにバーレスクとは、19世紀イギリスの滑稽劇やパリのミュージック・ホールのショーが原点と言われる、セクシーで華やかなダンスショーのこと。本来はちょっと猥雑なコメディーショーをそう呼んでいたけれども、今は専ら綺羅びやかな衣装に身を包んだ女性のダンスを言うのだそう。ランジェリーっぽくて露出度の高い衣装でショーをするが、ダンサーはヌードにはならない。

 余談はこれくらいにして、それではどうぞ☆

続きを読む >>

テーマ:紹介したい本
ジャンル:本・雑誌

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
About me

夜長姫

Author:夜長姫
お立ち寄りいただきありがとうございます。
本や映画や音楽の感想を新旧問わずマイペースに書いています。
ジャンルは何でもござれですが、微妙な偏りがあるみたいでそれに流されがち。好みの合う方がいらっしゃれば大歓迎です。
本、というか文芸は物語のしっかりしたものよりは、迷宮に迷わせてくれるような作品が好み。映画は劇場鑑賞派です。
拍手、コメントなど頂ければとても嬉しいです。
※たいして頭の良くない人間が無い知恵絞って書いております。無断転用等はご容赦くださいね。

Category

CategoricTag

Comment

Recent entries

Search

Link

RSS

Archive

Mail Form

質問等ございましたらこちらからどうぞ

名前
メール
件名
本文

Counter

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。