--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.30 23:37
白魔 (光文社古典新訳文庫)白魔 (光文社古典新訳文庫)
(2009/02)
アーサー マッケン

商品詳細を見る

 イギリスの幻想怪奇作家アーサー・マッケン(Arthur Machen 1863-1947)の短篇集。
 「白魔」「生活のかけら」『翡翠の飾り』より「薔薇園」「妖術」「儀式」の、本邦初訳を含む5編が収録されています。

続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー
ジャンル:本・雑誌

2010.11.26 11:52
失われた時を求めて(1)――スワン家のほうへI (岩波文庫)失われた時を求めて(1)――スワン家のほうへI (岩波文庫)
(2010/11/17)
プルースト

商品詳細を見る

 プルーストの「失われた時を求めて」、やっと岩波文庫で出ましたね。
 20世紀最高の文学といわれるこの作品が岩波文庫に加わるのはいつなのか…とずっと思っていました。
 でも既に筑摩文庫で出ている井上究一郎訳版が本棚に全巻並んでからかなり経つというのにまだ読めていないというお粗末な状態なので、たぶん買わない…
 と思っていたんですが!
 先日本屋さんで手に取ってみて気持ちがぐらつきました。
 訳注はもちろん、当時のパリの地図や図版がふんだんに収録されていてとても読み易そう。作品を理解する手掛りとなるイメージを多くすることで、難解な上に長編のこの作品を取っ付き易いものにしていると思いました。
 評判がいいはずです。
 もう既に読んでいる方はもちろん、読もうと思いつつも未読のまま…なんて方にはとてもいいヴァージョンではないでしょうか。…って、それは私のことか。。
 予定としては、既に購入している井上究一郎訳版をまず読んで(笑)、全巻刊行されたら箱入り版(出るはず)で購入しようかな、と思っています。
 図版だけでも見る価値アリですよー!

テーマ:新刊・予約
ジャンル:本・雑誌

2010.11.23 23:43
 
大正イマジュリィの世界―デザインとイラストレーションのモダーンズ大正イマジュリィの世界―デザインとイラストレーションのモダーンズ
(2010/11/19)
山田 俊幸、 他

商品詳細を見る
 
 大正~昭和期を彩ったデザインやイラストレーションを作家別、テーマ別にコレクションした一冊。
 巻末に作家データ、作品リスト、年表あり。もちろんフルカラーです。 
 この分野ではお馴染みの竹久夢二、高畠華宵、蕗谷虹児はもちろん、近年再発見された小林かいち、画家の藤島武二や岸田劉生らの仕事も紹介されています。

 タイトルにある「大正イマジュリィ」とは、この時代の大衆的複製図像を指す言葉。正統な「絵画」とは違う、当時の装幀、広告、ポスター、絵葉書などに印刷され巷にあふれた図像のことです。そこには、海の向こうのアール・ヌーヴォーやアール・デコ、構造主義の影響や取り込みが見られます。けれども舶来品の丸写しではない、日本独自の色が出ているのが面白く、また見るものを魅了する要因でしょうか。それは、そのまま現在の日本の「図像」にもつながるものだと思います。
 関東大震災なと時世を強く映したものもあり、大正という時代を偲ばせてくれます。

テーマ:新刊・予約
ジャンル:本・雑誌

2010.11.22 23:21
 
    女学生手帖 大正・昭和乙女らいふ
        (2005/04)
        内田 静枝


 大正~昭和初期の女学生文化を、当時の女学生たちに読まれていた少女雑誌からの写真や記事、図版などを使って紹介した一冊。
 当時流行したおしゃれやヘアースタイル、女学生言葉や「エス」の交流、人気の少女小説、抒情画、学校生活に悩み相談室まで取り上げられていて、そのまま吉屋信子の少女小説の世界。
 ビジュアル面がとても充実しているので、文章だけではピンとこない部分もすんなり理解できます。この分野に関心のある人、当時の少女小説ファンには必読の書でしょう。
 

テーマ:ブックレビュー
ジャンル:本・雑誌

2010.11.19 23:14
赤線奇譚赤線奇譚
(2010/11/18)
木村 聡

商品詳細を見る

 遊郭・赤線関連の著作で知られる木村聡氏の初の写真集。
 「赤線跡を歩く」シリーズで取材した全国各地に残る赤線後の建物・町並み・日常風景が収められています。
 しかも嬉しいことにフルカラー。なので、この手の物件を彩る華やかだけれどどこかもの哀しいステンドグラスやタイルをじっくり味わうことが出来ます。

続きを読む >>

テーマ:新刊・予約
ジャンル:本・雑誌

2010.11.12 23:15
マトリョーシカ大図鑑マトリョーシカ大図鑑
(2010/10/01)
沼田 元氣

商品詳細を見る

 ふらりと立ち寄ったとある書店でこんな本が並んでいるのを発見。
 タイトル通り、どこを開いてもマトリョーシカだらけのカタログ的写真絵本。
 可愛くてカラフルで、ちょっとキッチュな一冊です。

続きを読む >>

テーマ:新刊・予約
ジャンル:本・雑誌

2010.11.11 22:57
イングランド王国前史―アングロサクソン七王国物語 (歴史文化ライブラリー)イングランド王国前史―アングロサクソン七王国物語 (歴史文化ライブラリー)
(2010/10)
桜井 俊彰

商品詳細を見る

 ローマ人の去った5世紀半ばから10世紀の統一イングランド王国成立まで続くアングロサクソン人の「七王国(へフターキー)」時代のブリテン島の歴史を、ケント、イーストアングリア、ノーサンブリア、マーシア、ウェセックス各王国を取り上げながら綴った一冊。
 まったく知らないエリアの話なだけに、壮大なエンターテイメント作品を読んでいるような面白さでした!

続きを読む >>

テーマ:新刊・予約
ジャンル:本・雑誌

2010.11.04 11:02
ハピネスハピネス
(2010/11/03)
ハーツ

商品詳細を見る

 ラジオで流れていた先行シングルの「Better Than Love」が病みつきになるほどカッコよくて、このニューウェイブっぽいの一体誰の曲!? と思っていたら、マンチェスター出身の新人男前デュオ・hurts(ハーツ)でした。
 先日発売された本作がデビュー・アルバムなのだそうですが、ちょっとそうは思えない独自な作風と完成度の高さにびっくりで、これはこの冬のヘビロテまちがいなしの一枚になりそう。
 

続きを読む >>

テーマ:洋楽
ジャンル:音楽

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
About me

夜長姫

Author:夜長姫
お立ち寄りいただきありがとうございます。
本や映画や音楽の感想を新旧問わずマイペースに書いています。
ジャンルは何でもござれですが、微妙な偏りがあるみたいでそれに流されがち。好みの合う方がいらっしゃれば大歓迎です。
本、というか文芸は物語のしっかりしたものよりは、迷宮に迷わせてくれるような作品が好み。映画は劇場鑑賞派です。
拍手、コメントなど頂ければとても嬉しいです。
※たいして頭の良くない人間が無い知恵絞って書いております。無断転用等はご容赦くださいね。

Category

CategoricTag

Comment

Recent entries

Search

Link

RSS

Archive

Mail Form

質問等ございましたらこちらからどうぞ

名前
メール
件名
本文

Counter

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。