スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー

2011.11.20 23:58
 ちょっと前に映画「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」観てきました。

Story> 第2次世界大戦中の1942年、スティーブ(クリス・エヴァンス)は、各地に進攻するドイツのヒドラ党と戦うことを望んでいた。もともと病弱な彼は入隊を何度も却下されていたが、ある日、軍が秘密裏に行う「スーパーソルジャー計画」という実験に参加することになる。その実験の被験者第1号に選ばれた彼は、強じんな肉体を持つ「キャプテン・アメリカ」へと変ぼうを遂げる。

 ヒーローものには珍しいレトロフューチャーな雰囲気が味わえるかなと期待したんですが、何だか「アベンジャーズ」の前振り的作品という感じで、この作品単体では中途半端な印象でした。
 キャプテン・アメリカはもともとは第二次大戦中にヒトラーにパンチを喰らわせるキャラとして登場したのが初めで、この映画もそれと同じく舞台は第二次大戦下のアメリカ。敵はヒトラー率いるナチスではさすがにまずかったのか、そこから分裂したレッド・スカル(ヒューゴ・ウィーヴィング)率いる「ヒドラ党」になっています。
 アメリカの名を負うキャプテンになるのは、祖国のために戦う兵士になることを切望しながらも貧弱なために何度も入隊拒否されているもやし男スティーブ(クリス・エヴァンス)。けれどもその執念深さが軍のアースキン博士(スタンリー・トゥッチ)の目に留まり、秘密裏に行われている超人兵器の実験に参加することに。そしてキャプテン・アメリカが誕生となるわけですが、「アメリカ」の名を背負うくらいだから正義感あふれまくりで自信満々に「アメリカ万歳!」なんて叫ぶヒーローではなくて、もともと弱い人間だったからこその優しさを持ち驕りとも無縁のキャラなのに好感が持てます。
 けれどもそんな彼に課せられたのは、戦場で戦うことではなくて軍の広告塔として戦時国債を宣伝すること。当時の雰囲気たっぷりの舞台とかはそれなりに面白かったんですが(笑)、それに嫌気がさした彼は独自に仲間を募り敵に捕えられた兵士を取り戻すことに成功、ここからキャプテンとその仲間たちの快進撃が始まります。ヒーローひとりの独壇場ではなく仲間との連携プレイで勝っていくというのも、スティーブらしいと思います。
 ただひ弱だった彼が突然屈強なヒーローになったことへの葛藤の描写がもうちょっとあってもよかったかな。
 ラストに向かっての展開は、まぁ予想通りという感じです。冒頭で結末わかっちゃうんですが、ダンスの約束が守れなかったのは切なかったですね。

 単体で見るとちょっとダサく見えなくもないキャプテン・アメリカのコスチュームは、この時代の兵士や兵器に交じるとしっくりして、あれはこの時代のデザインなんだなぁと納得しました。対して、敵が創りだしたハイパー武器や兵器があまりにもハイパーすぎて、はっきりいって浮いてしまっています。もっとレトロフューチャーな感じなのを期待していただけに、もうちょっとどうにかならなかったのかなぁと思わずにられない。
 と考えて、それは結局「アベンジャーズ」あってのこの作品のためなのだろうなと気が付きました。
 というかこの作品、冒頭から「アベンジャーズ」への前作品的エピソード満載で、マーベル作品のファンで「アベンジャーズ」を心待ちにしている人ならいざしらず、これ単体では純粋に愉しめない気がするのが残念です。私は観るつもりでいた「マイティ・ソー」すらうっかり見逃して、結局これの他のマーベル作品は観てませんので、他に繋がる小ネタもわからず、ちょっと消化不良な感じでした。
 観終えたあとはなんだかもう、まさかキャプテン、今度は国債ではなく「アベンジャーズ」を売りに来たのか?? …と突っ込みたくなるような感じでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー
ジャンル:映画

コメント

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
About me

夜長姫

Author:夜長姫
お立ち寄りいただきありがとうございます。
本や映画や音楽の感想を新旧問わずマイペースに書いています。
ジャンルは何でもござれですが、微妙な偏りがあるみたいでそれに流されがち。好みの合う方がいらっしゃれば大歓迎です。
本、というか文芸は物語のしっかりしたものよりは、迷宮に迷わせてくれるような作品が好み。映画は劇場鑑賞派です。
拍手、コメントなど頂ければとても嬉しいです。
※たいして頭の良くない人間が無い知恵絞って書いております。無断転用等はご容赦くださいね。

Category

CategoricTag

Comment

Recent entries

Search

Link

RSS

Archive

Mail Form

質問等ございましたらこちらからどうぞ

名前
メール
件名
本文

Counter

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。