スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ニコニコ時給800円」海猫沢めろん

2011.11.21 23:51
ニコニコ時給800円ニコニコ時給800円
(2011/07/26)
海猫沢 めろん

商品詳細を見る

 タイトル通り時給800円で働く人々を悲喜こもごもに描いた短篇集。「マンガ喫茶の悪魔」「洋服屋のいばら姫」「パチンコ屋の亡霊たち」「野菜畑のピーターパン」「ネットワークの王子様」の5編を収録。
 著者名を見て手に取るのを躊躇していたらもったいないような読み応えで、面白かったです。
 マンガ喫茶に東大卒の新人アルバイトがやってきたことでおかしな歪みができてしまう「マンガ喫茶の悪魔」、アパレルで働く女の子たちを描いた「いばら姫」、脱サラして父の残した前科者だらけのパチンコ屋を継いだ店長の奮闘記「パチンコ屋の亡霊たち」、鬱病を抱えた夫を連れて田舎で農業を始める主婦の話「野菜畑のピーターパン」、自称「ヒキオタニート」の美青年からネットゲームのバイトを紹介された女の子のお話「ネットワークの王子様」。
 それぞれの内容はざっとこんなかんじで、時給800円で働くさまざまな業種のさまざまな生き様が、それぞれに少しずつリンクするかたちで展開しています。

 時給800円というのは(都内では)最低賃金ですが、そこで生きている彼らを殊更悲惨に描いているわけではなく、あくまで彼らの笑いもすれば怒りもする日常を描いている姿勢に好感が持てました。著者の実体験なのか取材に基づくものなのか知りませんが、これが今言われている下流社会のリアルなんじゃないだろうかと。
 にしても帯のアオリ文句にある「下流社会のさらに最下層で生きる」というのはどうなんだろう。時給800円は最下層なのか?? 地方では時給600円台の世界などザラにある気がしますが。こういう、見方によっては失礼に取れなくもないことをでかでかと書かれているのを見るにつけ下流社会だのロスジェネだのを問題視している学識者たちが、所詮は中流よりも更に上のランクの暮らしをしている人なんだろうと実感します。だからいつも違和感があるんですよねー。
 これはそういう社会的な問題を深刻に描いたり声高に叫んだりした話ではなくて、あくまで時給800円で働き生きる人たちの日常を描いた作品です。
 登場人物は一癖も二癖もある奴らが多くて彼らの会話も小説と言うよりはマンガ的、というかラノベ的な感じ(特に最後の「ネットワークの王子様」はこれが強い)だし、仕事の描写もそのままではなくインパクトのあるものを抽出している印象で、決して「自然な」感じじゃないですが、何か大きな出来事がおこるわけではないためかのか全体としては不思議と淡々とした印象。けれどその淡々とした中にさらりと聞き逃せない本音が出てきて、それが案外納得できたりざっくりと心に刺さってきたりします。
 「野菜畑のピーターパン」で仕事仲間に金を取られた上に欝になった夫を抱えて農業を始めようと奮闘する主人公が、エコや無農薬は「金持ちやセレブの道楽や贅沢よ!」(159頁)と言い切るのについ頷いてしまったり、「ネットワークの王子様」の主人公が、余裕とちょっとした思いつきがあれば自分も他人も楽しくやって生きていく方法があると語るヒキオタニートの同居人に「余裕も思いつきもない人はどうすればいいんですか?」(240頁)と思うところにはっとさせられたり。
 そういうのが一番印象深かったです。
 それから時々著者自身が想いや哲学を登場人物に語らせていますが、そういうのはちょっと苦手だと思いつつも、ラストでヒキオタニートが語る働くことの捉え方を変えれば何かが変わるというところに、もしかしたらここに時給800円で「ニコニコ」生きていくヒントがあるのかもしれないと思えてくるのだから不思議です。

 ところでこの本に出てきた職種の中に、ひとつだけやっていたことのあるものがあります。マンガ喫茶じゃないですよ、パチンコ屋のアルバイト(笑)。理由は夜のお仕事を除けば最も時給が高かったから。当時は(いや今も;)お金なかったですからねー。私はこの作品に書かれているように腰は痛めませんでしたが耳をちょっと悪くして辞めました。あの騒音の中に何時間も立っていたらけっこうきますよ(苦笑)。その後耳は回復して久しぶりに行ってみようかとパチンコ屋に入ったら、やたらデジタル化が進んでいるのに驚くわやっぱりあの音に耐えられなくなるわですぐに出ました;バイトしていた頃は若かったのかなぁとしみじみ思ったものです。…っていつの話なんだよ。
 そんなことを思い出していたら、ここにあるお話があまり遠い話に感じないのは私もそのすぐ近くにいるからなのかもとふいと思いました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー
ジャンル:本・雑誌

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【「ニコニコ時給800】

ニコニコ時給800円(2011/07/26)海猫沢 めろん商品詳細を見る タイトル通り時給800円で働く人々を悲

まとめtyaiました【「ニコニコ時給800円」海猫沢めろん】

ニコニコ時給800円(2011/07/26)海猫沢 めろん商品詳細を見る タイトル通り時給800円で働く人々を悲喜こもごもに描いた短篇集。「マンガ喫茶の悪魔」「洋服屋のいばら姫」「パチンコ屋の亡霊たち」「野菜畑のピーターパン」「ネットワークの王子様」の5編を収録。?...
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
About me

夜長姫

Author:夜長姫
お立ち寄りいただきありがとうございます。
本や映画や音楽の感想を新旧問わずマイペースに書いています。
ジャンルは何でもござれですが、微妙な偏りがあるみたいでそれに流されがち。好みの合う方がいらっしゃれば大歓迎です。
本、というか文芸は物語のしっかりしたものよりは、迷宮に迷わせてくれるような作品が好み。映画は劇場鑑賞派です。
拍手、コメントなど頂ければとても嬉しいです。
※たいして頭の良くない人間が無い知恵絞って書いております。無断転用等はご容赦くださいね。

Category

CategoricTag

Comment

Recent entries

Search

Link

RSS

Archive

Mail Form

質問等ございましたらこちらからどうぞ

名前
メール
件名
本文

Counter

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。