スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤まさをの乙女デザイン展

2013.06.26 21:55
加藤まさをの乙女デザイン展
6月17日までJR京都伊勢丹にある美術館「えき」KYOTOで開催されていた「加藤まさをの乙女デザイン展」見てきました。

レトロ趣味が人気のためか最近は、明治~昭和初期の抒情画や少女絵が注目されることが多くなって大好きな私はもう本当に嬉しい限りですが、どうしても明治、大正、昭和それぞれの代表格ともいうべき夢二、華宵、淳一の3人がメインになりがちでした。
この展覧会では加藤まさを(1897~1977)にスポットを当てているのが新しい。
まさをの絵はがき、挿絵、楽譜、詩画集などを中心に、同時代の作家たちのものも楽しめる充実した展覧会でした。

加藤まさをは主に大正時代に活躍した静岡出身の抒情画家、詩人。「月の砂漠」で有名ですね。
フライヤーにも使われていた「花の心」の絵はがきや少女雑誌に掲載された少女絵はとても可愛らしく、モチーフなど少し前の少女まんがにそのまま登場していそうな気配。当時のブルジョワ文化のレベルの高さを感じると同時に、豊かさへの憧れも伺えます。
その他、「お月様」などの幻想的なものや「ベツレヘムの星」などちょっとエキゾチックな絵はがきも多くあり、それがとても印象的でした。
よく考えれば「月の砂漠」の人ですもんね。異国情緒あふれる雰囲気が好きだったんだろうなと思わせられました。
ちょっとエドマンド・デュラックに似ているなと思ったら、なんと影響を受けていたという。意外なつながりでした。

まさをの少女絵は、当時人気だった竹久夢二の影響が見て取れて、突き抜けた個性を持つ華宵や淳一などに比べるとそれほど独自さはないです。
むしろ、絵と併せて詩や少女小説まで自作してしまうところに彼の魅力があるのかもしれません。
少女雑誌「少女の友」の付録だったまさをによるすごろくがあったのですが、すごろくの図案だけではなく端っこのほうに「遊び方」のレクチャーまでしていて、これがまるで物語仕立て(笑)。あんまり可笑しかったので一緒に行っていたツレと大受けしてしまいました(笑)。
加藤まさをのロマンティック・ファンタジーその他まさを作の少女小説(もちろん挿絵も!)も展示されていて、これがまた面白そうでぜひぜひ復刻してほしい!
これらを見ていたら、こういう総合的な仕事をしているのが他の作家とは違うところだろうと思えました。あの中原淳一だってさすがに小説は書いていませんから。

展覧会のパンフレットはお手製の小冊子みたいな上に印刷があまりよくなかったので購入しませんでしたが、変わってこの展覧会に合わせてか国書刊行会から出ていた「加藤まさをのロマンティック・ファンタジー」が充実した内容でした。これは大満足!

小林かいちの世界 [改訂版]まさをの他、夢二、華宵、淳一はもちろん蕗谷虹児、高橋春佳など同時代の作家も展示されていました。
中でも近年再発見され注目の集まっている小林かいちの絵はがきが多くあって、大好きだから嬉しかった!
会期中に地元のTV局の番組で小林かいちを特集していたのを見ましたが、謎だった正体やその後のことなどだいぶ明らかになってきているようですね。
本も数冊出ていて、着実に人気を得ている様子です。
ミュージアムショップに伊香保美術館のかいちの絵葉書や封筒が来ていたんですが、人気の「彼女の青春」とかはすでに売り切れ状態でものすごく悔しかったっ><
どうにかして手に入れたいんですが今は通販していないようですね…。伊香保は遠い…
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
About me

夜長姫

Author:夜長姫
お立ち寄りいただきありがとうございます。
本や映画や音楽の感想を新旧問わずマイペースに書いています。
ジャンルは何でもござれですが、微妙な偏りがあるみたいでそれに流されがち。好みの合う方がいらっしゃれば大歓迎です。
本、というか文芸は物語のしっかりしたものよりは、迷宮に迷わせてくれるような作品が好み。映画は劇場鑑賞派です。
拍手、コメントなど頂ければとても嬉しいです。
※たいして頭の良くない人間が無い知恵絞って書いております。無断転用等はご容赦くださいね。

Category

CategoricTag

Comment

Recent entries

Search

Link

RSS

Archive

Mail Form

質問等ございましたらこちらからどうぞ

名前
メール
件名
本文

Counter

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。