スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋真琴のまんがアンデルセン

2010.10.23 02:19
高橋真琴のまんがアンデルセン 人魚姫・マッチ売りの少女・野の白鳥高橋真琴のまんがアンデルセン 人魚姫・マッチ売りの少女・野の白鳥
(2010/08/30)
高橋真琴

商品詳細を見る

 可憐な少女画で有名な高橋真琴の、アンデルセン童話漫画集。収録内容は「人魚姫」「マッチ売りの少女」「野の白鳥」の三作品で、豪華な箱入り。
 どれも、これぞ高橋真琴! と言って差支えのないものばかりで、もう、宝物にしたい作品集です。
 1977年に集英社から出た「マッチ売りの少女」が底本になっているようです。今回の復刻盤では、各巻のカバーがフルカラーになりました(中にはカラーページはありません)。

 さて内容は、童話を描かせたらこの人の右にでるものはいないんじゃないかという贅沢な出来栄え。
 全般漫画というよりは、華麗な絵物語といった方がぴったりくるような作風です。劇的な漫画ではなくて一枚絵が物語を語っていくような、そんなイメージ。この人の絵にはそれがとても合っています。
 個人的には、大好きな「人魚姫」が素晴らしくてお気に入り。子供の頃からお姫様が出てくるのに悲恋ものという結末が忘れ難い印象を残す「人魚姫」は、彼のキラキラした大きな瞳や背景の美しい花々などがその悲劇性を際立たせていると思います。
 
 高橋真琴の描くお姫様で育ったためなのか、キラキラでふわふわレースに飾られた豪華なドレスやお花がいっぱいの彼の絵を見ていると、子供の頃の、純粋にお姫様に憧れていた頃を思い出します。
 そんな懐かしい記憶も呼び起こされる、贅沢な作品集。復刊に、ただ感謝です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
About me

夜長姫

Author:夜長姫
お立ち寄りいただきありがとうございます。
本や映画や音楽の感想を新旧問わずマイペースに書いています。
ジャンルは何でもござれですが、微妙な偏りがあるみたいでそれに流されがち。好みの合う方がいらっしゃれば大歓迎です。
本、というか文芸は物語のしっかりしたものよりは、迷宮に迷わせてくれるような作品が好み。映画は劇場鑑賞派です。
拍手、コメントなど頂ければとても嬉しいです。
※たいして頭の良くない人間が無い知恵絞って書いております。無断転用等はご容赦くださいね。

Category

CategoricTag

Comment

Recent entries

Search

Link

RSS

Archive

Mail Form

質問等ございましたらこちらからどうぞ

名前
メール
件名
本文

Counter

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。