スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵な画集

2011.01.10 23:34
 ここのところお気に入りの絵描きさんたちの作品集が立て続けに刊行されて、懐はイタイんですが、嬉しい限り。それらをちょっとリストアップしてみました(ただし国内only。中には古いものもあります)。
 ジャンルを問わずかなりごちゃごちゃしていますが、気にしないで下さい(笑)。っていうか、「イラスト集」がほとんどになってしましました。あれ?
 そして、私個人の好みに基づくものなので、ヘンな偏りもあるとおもいますが、やっぱり気にしないで下さい(笑)。
池田学画集1池田学画集1
(2010/12/13)
池田学

商品詳細を見る

 先日取り上げましたが、この人の画集はもうちょっと先かなと思っていたのでとても嬉しい♪

山口晃作品集山口晃作品集
(2004/10)
山口 晃

商品詳細を見る

 刊行されて6年経つんですね。上の池田氏とは違う、大和絵のテイストで描かれる細かな作風は圧巻。本人のコメントもいいです(笑)。

キマイラの柩―山本タカト画集キマイラの柩―山本タカト画集
(2010/10/14)
山本 タカト

商品詳細を見る

 最新画集~♪相変わらず耽美で淫靡で素敵です。江戸川乱歩的と言うんですか? こういう絵はこの方にしか描けないと思う。
 
飴色ロマンス―少女主義的水彩絵詞集飴色ロマンス―少女主義的水彩絵詞集
(2009/03)
たま

商品詳細を見る

 この間刊行された「リドカイン・ドロップ」はちょっと前に取り上げたので、今回はこれを。ゴスロリチックでちょっと残酷な少女たちの世界が広がります。大判なので見応えがあっていいです。

FLARE(フレア)―水野純子画集FLARE(フレア)―水野純子画集
(2009/03)
水野 純子

商品詳細を見る

 上記のたまさんにくらべると、ちょっとどぎついくらいの少女イラスト。でもかわいいんだから不思議。 

丹野忍 グイン・サーガ画集丹野忍 グイン・サーガ画集
(2010/05/21)
丹野 忍

商品詳細を見る

 丹野忍さんが手掛けた「グイン・サーガ」のイラスト集。この人がシリーズ最後のレーターさんだったのかと今更思い…。油彩が織り成す独自の重厚感がたまらないです。 

小林智美画集 Flower garden(フラワーガーデン) -光と闇の花園から-小林智美画集 Flower garden(フラワーガーデン) -光と闇の花園から-
(2010/08/26)
小林 智美

商品詳細を見る

 小林智美さんの最新画集! ひたすら豪華で美しいです。うっとり。

Santa Lilio Sangre緋いユリ―小島文美画集Santa Lilio Sangre緋いユリ―小島文美画集
(2010/12)
小島 文美

商品詳細を見る

 待ちに待った初画集。小林さんの絵よりもダークな雰囲気です。

運命の女―ファム・ファタール運命の女―ファム・ファタール
(2003/11)
加藤 俊章

商品詳細を見る

 もう在庫切れ状態になってますが、クリムトを思わせる素敵な絵を堪能できます。ファンタジー小説のカバーを飾ったりしているので、知ってる方も多いのでは。

Kazuaki ArtworksKazuaki Artworks
(2010/07/30)
カズアキ

商品詳細を見る

 ラノベのイラストを手掛けているレーターさんの画集。透明感のある色使いはもちろん、この方の絵は奥行きがあって好きです。

尚月地イラスト集 ノスタルヂア尚月地イラスト集 ノスタルヂア
(2010/09/25)
尚 月地

商品詳細を見る

 この方も、独自の華やかで素敵な世界を紡いでいます。


 最近出たと思っていたのに、刊行年月日を見ていると半年近く経っているものがあったりして愕然…。時間経つのって早いですねー。いや、単に年なだけか。 
 ところで、ちょっと耽美な雰囲気のものが多くなってしまいました。耽美テイストはもちろん好きなんですが、最近はもうちょっとからっとした雰囲気(どんなのだ)の絵が好きだったりします。でも、そういう現在贔屓の絵描きさんたちの作品集が出るのはまだ先だろうなぁと、まとめられるのを首を長くして待っているのでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:新刊・予約
ジャンル:本・雑誌

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
About me

夜長姫

Author:夜長姫
お立ち寄りいただきありがとうございます。
本や映画や音楽の感想を新旧問わずマイペースに書いています。
ジャンルは何でもござれですが、微妙な偏りがあるみたいでそれに流されがち。好みの合う方がいらっしゃれば大歓迎です。
本、というか文芸は物語のしっかりしたものよりは、迷宮に迷わせてくれるような作品が好み。映画は劇場鑑賞派です。
拍手、コメントなど頂ければとても嬉しいです。
※たいして頭の良くない人間が無い知恵絞って書いております。無断転用等はご容赦くださいね。

Category

CategoricTag

Comment

Recent entries

Search

Link

RSS

Archive

Mail Form

質問等ございましたらこちらからどうぞ

名前
メール
件名
本文

Counter

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。