スポンサーサイト

--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜長姫の「絵のある」岩波文庫セレクション

2011.04.10 16:55
 昨日紹介した「『絵のある』岩波文庫」に触発されて、個人的にお気入りの、挿し絵や図版の素敵な岩波文庫を集めてみました(笑)。
 本で大きく取り上げられているものはなるべく外して、それ以外のものを選んでみました。
 題して夜長姫の「絵のある」岩波文庫セレクション☆
 例によって、ヘンな偏りがあるでしょうが(笑)、興味のある方はどうぞ☆
完訳 カンタベリー物語〈上〉 (岩波文庫)完訳 カンタベリー物語〈上〉 (岩波文庫)
(1995/01/17)
チョーサー
商品詳細を見る
 まずはこれ。挿し絵が何とバーン=ジョーンズ(Edward Coley Burne-Jones:1833~1898)なんです! 色のないウィリアム・モリスと組んだステンドグラスやタピストリーの雰囲気ですかね、中世の物語によく合っています。とても大好きな画家の絵が堪能できるとあって、とても異気に入りのシリーズですが、実はまだ読んでいません(汗)。
 上中下の全3巻。

デカメロン―十日物語 (1) (岩波文庫)デカメロン―十日物語 (1) (岩波文庫)
(1948/09/25)
ボッカチオ

商品詳細を見る
 「カンタベリー物語」と並ぶもうひとつのルネッサンス文学には、なんとシャガール(Marc Chagall:1887~1985)の挿し絵入り。こちらはシャガールらしい幻想的な世界が味わえます。
 全6巻。

ドン・キホーテ〈前篇1〉 (岩波文庫)ドン・キホーテ〈前篇1〉 (岩波文庫)
(2001/01/16)
セルバンテス

商品詳細を見る
 スペイン文学の金字塔を飾るのはドレ(Paul Gustave Doré:1832~1888)。細やかで見事な絵は、登場人物も丁寧に描き出していて、物語を更に楽しいものにしてくれます。
 全6巻。

ライン河幻想紀行 (岩波文庫 赤 531-9)ライン河幻想紀行 (岩波文庫 赤 531-9)
(1985/03/18)
ヴィクトル・ユーゴー

商品詳細を見る
 19世紀フランスの文豪ユゴー(Victor-Marie Hugo:1802~1885)による紀行文学ですが、ドイツの古版画に混じって、なんとユゴー本人のスケッチ画が多数収められています。玄人並みの腕前に驚かされました。

八十日間世界一周 (岩波文庫)八十日間世界一周 (岩波文庫)
(2001/04/16)
ジュール ヴェルヌ

商品詳細を見る
 当時の版画が多数収められていて、旅行記としての魅力に華を添えています。日本(横浜)のものもありますよ(笑)。ヘンテコで笑えます(笑)。
 「絵入り」の岩波文庫の面白さに気付かせてくれた一冊でもありました。

 
アルハンブラ物語〈上〉 (岩波文庫)アルハンブラ物語〈上〉 (岩波文庫)
(1997/02/17)
W. アーヴィング

商品詳細を見る
 19世紀アメリカの作家アーウィング(Washington Irving:1783~1859)による、スペインはグラナダのアルハンブラ宮殿滞在記。ジョゼフ・ペネル(Joseph Pennell)によるスケッチ画が多く収録されいていて、魅惑的なアルハンブラ宮殿へと誘ってくれます。
 上下巻。

ウィーン世紀末文学選 (岩波文庫)ウィーン世紀末文学選 (岩波文庫)
(1989/10/16)
池内 紀

商品詳細を見る
 贅沢すぎます、この本。シュニッツラーとかホフマンスタールの作品に、クリムト(Gustav Klimt:1862~1918)やモーザー(Koloman Moser:1868~1918)らウィーン分離派のイラストが惜しげもなく収められていて、正直、それを眺めるために持っていてもいいような一冊。そして、岩波文庫ならではの贅沢な一冊です。

失われた時を求めて(1)――スワン家のほうへI (岩波文庫)失われた時を求めて(1)――スワン家のほうへI (岩波文庫)
(2010/11/17)
プルースト

商品詳細を見る
 これは今後の期待作です(笑)。難解な上に長いこの作品を親しみやすいものにしてくれそうな気配。
 全14巻、現在第1巻が刊行。

西遊記〈1〉 (岩波文庫)西遊記〈1〉 (岩波文庫)
(1977/01)
中野 美代子

商品詳細を見る
 中国文学随一の奇書にも、挿し絵が多く収録されていて、眺めているだけでも面白い。中国の神仙界が見える気分。
 全10巻。

好色一代女 (岩波文庫)好色一代女 (岩波文庫)
(1960/08/05)
井原 西鶴、横山 重 他

商品詳細を見る
 西鶴の作品には、他にも挿し絵の充実したものがありますが、個人的にはこれ。当時の女性風俗がよく解ります。

東海道中膝栗毛 上 (岩波文庫 黄 227-1)東海道中膝栗毛 上 (岩波文庫 黄 227-1)
(1973/09)
十返舎 一九、麻生 磯次 他

商品詳細を見る
 日本の古典作品の中で最も笑わせてくれる本作、当時の滑稽本の雰囲気を損なわない挿絵入りの方が断然愉しめます。
 上下巻。

十八世紀パリ生活誌―タブロー・ド・パリ〈上〉 (岩波文庫)十八世紀パリ生活誌―タブロー・ド・パリ〈上〉 (岩波文庫)
(1989/06/16)
L.S. メルシエ

商品詳細を見る
 文学や古典のみならず、岩波文庫のいわゆる「青帯」にも挿し絵や図版の充実したものは多いです。
 まずはこれ。フランス革命前夜のパリの様子が多角的にルポされ、挿し絵がそれをさらに詳しく理解させてくれます。
 上下巻。

ムガル帝国誌〈1〉 (岩波文庫)ムガル帝国誌〈1〉 (岩波文庫)
(2001/11/16)
ベルニエ

商品詳細を見る
 これも歴史的ルポ。そういうものへの挿し絵の役割は大きいと実感できます。
 上下巻。

 ・・・以上、夜長姫の「絵のある」岩波文庫セレクションでした。
 ここまでお付き合い頂いた方、どうもありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー
ジャンル:本・雑誌

コメント

おー!さすが、お目が高いチョイスばっかりだ!
特にユゴーが入っているのがイイですねぇ~。

だけど、ユゴーは彩色を含めて、凡百プロを上回る画家なので、白黒収録は物足りないなー、うぅ、ってどうしても思っちゃうんですよね(^^;
しかも、後世シュールレアリズムの芸術家達がこぞって称揚したように、幻想奇想怪奇の、グラっと心を掴んでくる作風です。
もしよろしければ、ココとかご覧になってみてください。

Drawing of Victor Hugo
http://bittleston.com/artists/victor_hugo/

山水画、禅画の世界のようでもあり…ギュスターヴ・モローの超前衛的な習作のようでもあり…。

際立って有名なのは巨大なキノコの画ですね。
…確か、原爆投下の初期報道で、この画を引用した欧米紙があった筈です。そういう不気味さ、不安感をかき立てる画ですよね…。

僕にとって極め付きはやっぱりビアズリーの画が全部入った「サロメ」でせうか(^^)

現行版は旧仮名遣いだけ残して、昭和34年の旧字体初版を全部刷り換えちゃったのがスゴイ残念です。あの活字も含めての、何とも言えない頽廃感とおどろおどろしさだったのになあ(><)

>Tandoさん

ユゴーの絵画、凄いですよね。
作家で絵も描く人は他にもいますが、ここまでの人はいないんじゃないかと思います。
文庫のモノクロ収録じゃ物足りんというお気持ちわかります。
カラーでみると更に驚くというか、もうすでに19世紀の絵じゃないですよね(笑)。
仰る通りシュールレアリズムの芸術家達がこぞって称揚したのも頷ける。
というか、シュールレアリズムですよこれ。
画集出ないですかねー。まとめて見たいんですが。

>巨大なキノコの画
こんなのあるんですね。
確かに自然を書いているのに見ていて不安になるこの不気味さは何なんだろう。
ユゴー、恐るべし。
実は小説マトモに読んでいないので(爆)、ちょっと真面目に読もうかと思います。
この絵を見てからだと印象違ってくるかも。

>ビアズリーの「サロメ」
これは、誰もが知っている絵入り岩波文庫だと思いまして、今回は敢えて外しました(笑)。
でもトップクラスの「贅沢な」文庫本だと思ってます。
私もこれは旧字体初版のままであってほしかった一冊です。
読みやすさの上からも変わっていくのは仕方がないんですが、
世の中には、変えてはいけないものもあるんじゃないかと思わせられましたねー。
残念。。
非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
About me

夜長姫

Author:夜長姫
お立ち寄りいただきありがとうございます。
本や映画や音楽の感想を新旧問わずマイペースに書いています。
ジャンルは何でもござれですが、微妙な偏りがあるみたいでそれに流されがち。好みの合う方がいらっしゃれば大歓迎です。
本、というか文芸は物語のしっかりしたものよりは、迷宮に迷わせてくれるような作品が好み。映画は劇場鑑賞派です。
拍手、コメントなど頂ければとても嬉しいです。
※たいして頭の良くない人間が無い知恵絞って書いております。無断転用等はご容赦くださいね。

Category

CategoricTag

Comment

Recent entries

Search

Link

RSS

Archive

Mail Form

質問等ございましたらこちらからどうぞ

名前
メール
件名
本文

Counter

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。