--.--.-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.20 23:58
 ちょっと前に映画「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」観てきました。

Story> 第2次世界大戦中の1942年、スティーブ(クリス・エヴァンス)は、各地に進攻するドイツのヒドラ党と戦うことを望んでいた。もともと病弱な彼は入隊を何度も却下されていたが、ある日、軍が秘密裏に行う「スーパーソルジャー計画」という実験に参加することになる。その実験の被験者第1号に選ばれた彼は、強じんな肉体を持つ「キャプテン・アメリカ」へと変ぼうを遂げる。

 ヒーローものには珍しいレトロフューチャーな雰囲気が味わえるかなと期待したんですが、何だか「アベンジャーズ」の前振り的作品という感じで、この作品単体では中途半端な印象でした。

続きを読む >>

テーマ:映画レビュー
ジャンル:映画

2011.11.13 23:56
ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 京都市美術館で開催中の「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」見てきました。
 本展といい今年は見たい美術展が京都に多く来てくれて有難い限り。
 そしてこれから年末にかけて、見たいものが目白押しでちょっと大変なくらいです;
 
 さてマネ(Édouard Manet,1832~1883)、ドガ(Edgar Degas,1834~1917)、ルノワール(Pierre-Auguste Renoir,1841~1919)、モネ(Claude Monet,1840~1926)、セザンヌ(Paul Cézanne,1839~1906)、ゴッホ(Vincent van Gogh,1853~1890)などなど印象派を代表する画家たちの作品が一堂に会したこの展覧会、印象派の流れを見られるというだけでも貴重で贅沢なものでした。

続きを読む >>

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル:学問・文化・芸術

2011.10.16 23:44
フェルメールからのラブレター展 京都市美術館で本日まで開催されていた「フェルメールからのラブレター展」見てきました。

 会社の人に物凄い混んでいるとか何時間待ちだとかいろいろ脅されながらも(笑)地元だからと悠長に構えていたら、あっという間に最終日が迫っていて焦りましたが(苦笑)、ぎりぎりなんとか間に合いました…!
 頑張って早めの時間帯に行ったのが幸いしたようで待ち時間なしで入場できましたが、中はやっぱりけっこう混んでいて、さすがフェルメールは人気があるんだなぁと改めて実感しました。
 そのフェルメールの「手紙を書く女」「手紙を書く女と召使い」「手紙を読む青衣の女」の3作品はもちろん、43点と点数は少ないですが17世紀オランダ絵画の厳選された名作が一堂に会した見応えある展覧会でした。

続きを読む >>

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル:学問・文化・芸術

2011.10.11 23:51
ファウストファウスト
(2011/09/17)
ゲーテ

商品詳細を見る

 荒俣宏による、ハリー・クラーク(Harry Clarke,1889~1931)挿し絵で読む海外文学第三弾は、ゲーテの「ファウスト」!
 「アンデルセン童話集」「ペロー童話集」と続いたのでやってくれるかも、と期待はしていましたが、これが日本で刊行されるとは思ってもみませんでした(笑)
 この作品こそがハリー・クラークの絵描く世界に最もよく合った最高傑作じゃないかと。
 荒俣訳の「ファウスト」も読みやすくていいです。
 因みに第一部のみの内容です。

続きを読む >>

テーマ:感想
ジャンル:本・雑誌

2011.10.05 23:53
荻須高徳展
 京都伊勢丹の美術館「えき」KYOTOで開催中の「荻須高徳展」行ってきました。最近この美術館で開催される企画展が好きな画家やジャンルのものが多くて嬉しいです(笑)。

 それはさておき荻須高徳(1901~1986)の生誕110年を記念しての本展では、彼の生涯のテーマであったパリとベネチアを描いた代表作のほか初公開となる人物画や静物画なども紹介されていて、荻須の60年に渡る画業を充分知ることのできるものでした。

続きを読む >>

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル:学問・文化・芸術

2011.09.26 01:23
 また時間が開いてしまいましたが…、ナタリー・ポートマン主演の映画「水曜日のエミリア」観てきました。

Story> ニューヨークで弁護士として働いていたエミリア(ナタリー・ポートマン)は、既婚者の上司ジャック(スコット・コーエン)と恋に落ち、ジャックの妻で医師のキャロリン(リサ・クドロー)から奪って結婚。しかし、生まれたばかりの娘が突然死してしまった上、一緒に暮らす夫の息子ウィリアム(チャーリー・ターハン)は心を開かず……。

 よくある家族の新たな絆の物語かな? と思ったら、けっこう重たいヒューマンドラマ。
 因みに2009年の作品。ナタリーがオスカーをとったことが国内上映のきっかけでしょうか??

続きを読む >>

テーマ:映画レビュー
ジャンル:映画

2011.09.11 22:57
映画「シャンハイ」 米中合作の「シャンハイ」観てきました。

Story> 1941年、アメリカ諜報部員のポール(ジョン・キューザック)は、太平洋戦争勃発前の不穏な空気が漂う上海の地を踏む。彼は親友の死の真相究明のためやって来たが、やがて中国とアメリカ、そして日本を取り巻く巨大な陰謀の真相に迫っていく。ポールの周りには、常に彼を執拗に追い回す日本人将校タナカ(渡辺謙)らの存在があり……。

 太平洋戦争勃発前夜の混沌とした上海を舞台に繰り広げられるサスペンスタッチの映画かと思いきや、テーマは「男女の愛」という実はロマンス映画な作品でした。
 豪華キャストが最大の見所!

続きを読む >>

テーマ:映画レビュー
ジャンル:映画

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
About me

夜長姫

Author:夜長姫
お立ち寄りいただきありがとうございます。
本や映画や音楽の感想を新旧問わずマイペースに書いています。
ジャンルは何でもござれですが、微妙な偏りがあるみたいでそれに流されがち。好みの合う方がいらっしゃれば大歓迎です。
本、というか文芸は物語のしっかりしたものよりは、迷宮に迷わせてくれるような作品が好み。映画は劇場鑑賞派です。
拍手、コメントなど頂ければとても嬉しいです。
※たいして頭の良くない人間が無い知恵絞って書いております。無断転用等はご容赦くださいね。

Category

CategoricTag

Comment

Recent entries

Search

Link

RSS

Archive

Mail Form

質問等ございましたらこちらからどうぞ

名前
メール
件名
本文

Counter

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。